ウエディングリポート

ウエディングリポート
WEDDING REPORT

Vol.3 中村・川村 ご両家様

結婚式日時:
2011年12月4日(日) 友引
ご新郎:
中村紀行様(46)
ご新婦:
川村由紀子様(37)
披露宴会場名:
28F マンハッタン ルーム
挙式スタイル:
チャペル
挙式・披露宴列席者:
家族・親族・友人・知人 40名
披露宴スタイル:
着席

シェラトンに決めた理由

会場との出会い、コンシェルジュとの出会い
初めて会場見学に行ったときの担当者の接客がよかったこと、横浜らしい景色の場所で挙げたいという私たちの希望と招待人数にぴったりの会場を見ることができたことが決め手でした。いくつかの結婚式に参加をして、結婚式を挙げるならばしっかりとした施設で、スタッフのホスピタリティやクオリティの高い「ホテル」で挙げたいと思っていたこと、ご招待するゲストや、何回も打合せなどで足を運ぶことを改めて考えたときに、ターミナル駅である横浜駅の目の前というのは大きかったですね。 一般の式場と違い、ホテルは基本的になくなることがなく、ずっと自分たちの結婚式を挙げた会場がずっとそこ(横浜駅)にある!ことの安心感も強く感じていました。

挙式内容や感想は

新婦父の想いのこもったバージンロード
娘とバージンロードを歩くことが夢だった父の希望もありチャペルで挙げました。チャペル自体も温もりを感じる造りで、外国人の牧師さんの雰囲気もよかったです。直前のリハーサルのときに緊張をしていた父や私たちにもスタッフの方が「間違っても大丈夫ですよ!」と言ってくれたのでリラックスできましたし、演出で入れたフラワーシャワーもゲストとの一体感を感じられ、笑顔に包まれたことも記念になっています。
あとは、ひとつのフロアーに美容室、写真室、親族控室があり、式周りの全てが完結するという便利さが大きかったですね。

パーティーの内容は

コンセプトは自宅にお招きをしたパーティー
結婚式に来たというより自宅にお招きしたコンセプトにしたかったので、おもてなしをするのは当然と考え、最近は少なくなってきたお出迎えからしました。
ゲストとのふれあいを第一に考え、テーブルごとにお写真を撮ったことで、ゲストも参加している感やコミュニケーションがとれたこともうれしかったですね。
乾杯のタイミングでカーテンが上がり素晴らしい景色が見れる演出のよさ、ゲストにも喜ばれ、お見送り時には横浜港の夕方の景色に見とれたゲストが多くしばらく待ちぼうけだったことも(笑)

料理

期待を上回る出来栄えに感動!
テーマに合わせて、ウエディングケーキは飛行機がコンセプトでした。当初は飛行機自体がケーキのイメージでしたが、シェフとのお打合せで滑走路をベースにマジパンで飛行機を作ること逆提案してくれたりと、長年の経験の中で「打てば響く!」かのようにその場でこちらの希望の呑み込みとそれが難しい時の代案がすばらしく期待を上回るものでした。
また、もう1品のデザートは炎で仕上げる演出もあり。ひとつの余興としてかなり盛り上がりました。
決められたメニューの中で、これです!というような感じではなく選べる楽しさあり、アレルギー対応や特別メニューに関しても事細かに対応していただけたこと、シェフから特別メニューの問いかけをしてくださったことに感動しました。

挙式・披露宴の演出

テーマである「旅行と写真」をいろいろなシーンで表現!
新婦の趣味が旅行とカメラでしたのでテーマもそれにしようと思いコンシェルジュに相談してイメージを膨らせました。
披露宴の進行を「旅」、披露宴会場を「機内」に見立てて司会者さんのコメントを機内アナウンスしたり、メニューをパスポート風にしたり、始めの入場時にワゴンサービスで子供にプレゼントを配ったりと自由にやることができました。
新婦の各国のお土産を会場に展示したりと、ゲストからも二人らしいパーティーだったねというコメントをたくさんいただけて、100点満点の大満足でした。 ホテルの演出で神奈川新聞へのメッセージ掲載も斬新な企画で面白かったですね。

ホテルスタッフの対応

ウエディングコンシェルジュと創り上げたパーティー
挙式当日までの間、担当者がすべて一緒にやってくれたことが素晴らしかった。
定期的な打合せやスケジュール管理を丁寧にしていただけたことで安心できたし、打ち合わせができたのでありがたく、この時期までにこれをやればよいと具体的に細かく示した日程表をきちんと用意してもらったことで楽になりました。メールの返信の速さ、担当者不在でも別のコンシェルジュからきちんと返信があったのも安心できましたね。 当日の会場のサービス責任者さんも配慮がすばらしく、当初から懸念していた3Fの来賓控室から28Fのパーティー会場までのゲスト誘導も完璧で、ゲストも迷うことなく会場に来ることができてよかったと思います。

未来のカップルへのアドバイス

コンシェルジュには何でも相談してみよう!ヒントはたくさんあります。
一生に一度のことなのでやりたいこと、こだわりをコンシェルジュに話すこと、ホテルでのウエディングは自由が利かないとか、個性が無いとか思いがちですが決してそのようなことはなく、いろいろできることを私たちのリポート見てわかってほしいですね(笑)
ウエディングフェアは参考になります。色々商品を見ることができ、模擬披露宴などの演出もとても参考になりました。
あと、会場のコーディネートを結婚式上のバーチャルコーディネートできるシステムはイメージを付ける中でとても参考になりました。(下記参照)
とにかく、準備は大変かも知れないが、「お祝いをしてもらう」ではなく、「感謝ができる日」と思えば準備期間も乗り切れると思います!

ホテルより

今回ご登場いただいたご新婦様はブログも開設されており、今回そのURL公開もご了承いただきましたのでぜひご覧ください。

tel