WEDDING REPORT ウエディングリポート

Vol.15 中川・田中 ご両家様

Vol.15 中川・田中 ご両家様
結婚式日時:
2012年10月13日(土)大安
ご新郎:
中川陽介様(36)
ご新婦:
田中早苗様(36)
披露宴会場名:
5F 日輪
挙式スタイル:
ロビーウエディング
  • Vol.15 中川・田中 ご両家様
  • Vol.15 中川・田中 ご両家様
  • Vol.15 中川・田中 ご両家様
  • Vol.15 中川・田中 ご両家様
  • Vol.15 中川・田中 ご両家様
  • Vol.15 中川・田中 ご両家様
  • Vol.15 中川・田中 ご両家様
  • Vol.15 中川・田中 ご両家様
  • Vol.15 中川・田中 ご両家様
  • Vol.15 中川・田中 ご両家様
  • Vol.15 中川・田中 ご両家様
  • Vol.15 中川・田中 ご両家様

会場を横浜ベイシェラトン
ホテル&タワーズに決められた理由は?

素晴らしいスタッフとの出会い。第一印象を信じて……
私(新婦)の叔父がシェラトンで働いているという縁で、主人と軽い気持ちでウエディングフェアに出かけたのがきっかけです。
実は、シェラトンに来るまで、どんな結婚式がしたいというイメージが全くなかったのですが、スタッフの皆さんがとても親切に対応してくださいました。最初にお会いしたのがウエディングコンシェルジュの山本さんと国吉さんだったんですが、何から始めてよいのかわからない私たちに対して、いろいろなアドバイスをしてくださいました。おふたりの第一印象が素晴らしくよかったので、「もう、ここしかない!」と思いました。ほかの式場は一切見ていなかったし、探す手間を考えるより、第一印象を信じてお願いすることにしました。

披露宴・パーティの内容・ご感想は?

たくさんの人たちに祝福されたロビー挙式は、思い出として輝き続ける
フェアで、ロビーで挙式ができると聞いて、妻が「ここでやりたい」と言ったとき、私は恥ずかしいからと反対だったんです。両親に話したら、「人の記憶に残るものが一つあった方がいいんじゃない?」と、妻と同意見で…。模擬挙式でゲストの目線で挙式を見たことで、考えが変わりました。当日は恥ずかしかったですが、家族やゲストも喜んでくれたのでよかったと思いました。ゲストのほとんどがロビーで挙式ができること自体に驚いていましたし、インパクトは大きかったみたいですね。参列者以外の人たちからも祝福を受けることができ、それもロビー挙式ならではのよさだと思います。
披露宴では、ウエディングフェアで見たバルーンを使いました。大きなバルーンの中に小さなバルーンを入れて各卓にセットし、キャンドルサービスの代わりにバルーンを割って各卓をまわりました。割れる音に驚いたり、小さなバルーンを拾ったりと、ゲストも楽しんでくれました。

未来のカップルにぜひアドバイスをお願いいたします。

スタッフとは一つのチームに。何でも相談できる信頼関係を築くことが大切
素晴らしい結婚式ができたのは、スタッフのみなさんとのしっかりとした信頼関係が築けたからだと思います。お互い信頼することで、一つのチームを作ることができました。全体の構成からみて合うもの、合わないもの、こういった意見が言えるのもチームだからできることだと思うんです。自己満足にならないためにも、スタッフのアドバイスには、どんなことでも耳を傾けてほしいですね。
あと、どんなに時間が短くても、打ち合わせの約束は守ること。守れなければ、結婚式当日にやりたかったことができなくなり、結果的に不満が残ります。新郎新婦だけでなく、ゲストやスタッフが最後にて笑顔になって終われてこそ、初めて満足が得られると思います。

WEDDING FAIR オススメフェア

READ MORE

ウエディングリポートを見る
トップへ戻る