ウエディングリポート

ウエディングリポート
WEDDING REPORT

Vol.24 粟生・高木 ご両家様

結婚式日時:
2013年11月30日(土)先勝
ご新郎:
粟生 真行様(30)
ご新婦:
高木 愛様(24)
披露宴会場名:
5F 日輪
挙式スタイル:
チャペル 12:00~
挙式列席者:
家族・親族・友人・知人 96名
披露宴列席者:
家族・親族・友人・知人 96名
披露宴スタイル:
着席

会場を横浜ベイシェラトン
ホテル&タワーズに決められた理由は?

駅直結の立地とホテルならではのホスピタリティが魅力!
私たちは神奈川で育ち、ふたりで横浜にもよく出かけていたので、馴染みと安心感のある横浜で結婚式を挙げたいと思っていました。横浜駅やみなとみらい周辺のホテルやゲストハウスをいくつか見に行きましたが、やはりホテルで挙式をするのが一番自分たちのカラーを出せると思いました。
決め手は、横浜駅から直結している立地のよさと、ウエディングコンシェルジュの桃井さんの丁寧で細やかな対応ですね。遠方から来る方や高齢のゲストもいましたが、駅からの移動距離が少ないのは安心でした。また、桃井さんは最初にお会いしたときから、親身になってお話を聞いてくださったので、ぜひお任せしたいと思いました。

挙式、披露宴、パーティーの内容およびご感想は?

ゲストとの程よい距離感が挙式全体の一体感を生み出す
私(新婦)は、親戚、友人を含め、自分の結婚式が初めての結婚式への参加でしたので、厳かな印象があったチャペル式にしました。父と一緒に歩いたバージンロード、母からのベールダウンはやはり感動しましたし、フラワーシャワーでの退場は、ゲストとの距離が近く、顔を見ながら祝福の声を聞け、挙式全体に和やかな一体感が生まれました。
披露宴はゲストの挨拶や余興など、従来のホテルらしい披露宴のスタイルを崩さない内容にしました。手作りのものも持ち込みしましたが、プロに任せるものは任せメリハリをつけました。
お食事で特に印象的だったのはウエディングケーキですね。シェフには、イメージのみ伝えあとはお任せだったのですが、当日のケーキは想像を超えるできだったので、思わず「うぉ~っ!」って歓声をあげてしまいました(笑)。

未来のカップルにぜひアドバイスをお願いいたします。

式場選びで大切なのは、何よりも信頼できるスタッフと出会えること
インターネットである程度、イメージは掴めますが、実際見てみると、イメージと違ったということもあるので、足を運び見ることが大切だと思いましたね。ウエディングフェアも一日でいろいろなものが見られるので、行ってよかったと思います。
ただ、結婚式場を決めるのに、どんな会場かというのは大事だと思うんですけど、何よりも人、そこのスタッフとの相性が大切だと思いました。私たちは準備期間から当日までドレススタッフさんや桃井さんなど多くのシェラトンのスタッフさんと接して、「この人たちなら相談できる、お任せできる」という信頼関係が生まれたので、安心してお願いすることができました。

tel